今すぐ読む

2020年3月18日には16,358円まで暴落した日経平均株価。しかし、その後は順調に上昇し続けて、2月15日には実に30年ぶりに30,000円を突破しました。

日経平均株価の推移

ところが、実際の経済は好調なのかというとそうではありません。 2月15日の内閣府発表の速報値では、2020年の1年間の実質GDPは-4.8%となり、リーマンショック以来のマイナス成長になっています。

実態の伴わない相場は長続きしない

という投資の格言があります。実体経済にしたがって株価の下落を懸念する声も少なくありません。

そのため、株を買うのを控えている人もいると思いますが、今後の株式市場はどうなるのでしょうか。今、株式市場でどのような動きがあるのでしょうか。

なぜ、経済は停滞しているのに株価は上がるのか?

その正確な答えは誰にも分かりません。しかし、経済対策で政府がばらまいたお金が株式市場にも入ってきていることが、株価上昇の大きな要因の一つになっていると言われています。

あなたは、昨年3月末からアメリカの経済対策として220兆円、日本でも108兆円の対策がとられていることを知っていますか?

「アメリカのドナルド・トランプ大統領は27日、過去最大の2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策法案に署名し、法律が成立した。」【3月22日のBBC Newsより引用】
「事業総額108.2兆円という過去最大の経済対策が7日、閣議決定された。」 【4月7日の日本経済新聞より引用】

さらに、日本政府は12月8日に総額73兆円の追加経済対策を発表。そして1月15日にはバイデン大統領が206円の新しい経済対策案を発表し、3月11日に法案は成立となりました。

「政府は8日に閣議決定する追加経済対策の事業規模を73.6兆円程度とする方向で調整に入った。」 【12月8日の日本経済新聞より引用】
「バイデン米大統領は11日、1兆9000億ドル(約206兆円)規模の追加経済対策法案に署名した。」【3月12日のBloombergより引用】

これほどのお金がばらまかれると、実体経済は弱っているものの、インフレが進み、株や不動産が今後さらに大きく値上がりする可能性が当然出てきます。

この資金による『金余り』が続くと、リーマンショック後の10年で株価が大きく伸びたように、これから数年後にバブルが発生するかもしれません。

それは個人投資家にとって大きなチャンスになる可能性があります。

ひょっとすると、あなたも「これから絶好のチャンスかもしれない?」と思ってはいないでしょうか?

しかし、反対に大きな危機がせまってきているとも言えるのです。

というのも、

多くの人が株式投資でおちいる罠が・・・

もしあなたが株を買おうと思って、業績の良い会社を探そうとするのであれば、実は失敗する可能性が高いです。

なぜなら、それは株を何年も長期に保有する『長期投資』のやり方だからです。実際、業績が株価に反映するためには、3年程度の時間がかかると言われています。つまり、買ったら3年間、その株の上昇を願って、あとは祈るということです。

しかし、その結果として『長期投資』はバブルが弾けるとその影響を丸被りしてしまうのです。

実際、90年代に日本ではバブルが弾けましたが、30年近く経った今なお株価は元の水準に戻っていません。バブルでの上昇を前提にしたシナリオでは、いかにバブル崩壊からお金を守るのか が何よりも大切です。その点で、『長期投資』は有効な手段とは言えません。

では、

バブルが弾けても生き残るために有効な手段とは?

それは、比較的、短期間で売買を行う『トレード』と呼ばれる方法です。実際に、『トレード』と『投資』は同じと思っている人が多いのですが、プロの世界では全く違うものとして扱われています。

具体的には、トレードは、当日から2,3日や、2週間程度で売買をするもの。投資(長期投資)は買ってから短くても半年以上は保有し続けるもの。

これほどの違いがあります。

ずっと資金をリスクにさらし続ける『長期投資』と比べて、『トレード』はお金をリスクにさらす期間がとても短いため、もともと市場環境の変化にも柔軟に対応ができる手法です。

なぜなら、

投資とトレードで判断の元になるものが全く違うのです。

投資(長期投資)では、会社の業績を見ますが、 一方トレードでは、株価チャートの形で判断して株価の動きを予測するのです。

なぜ、株価チャートを見るのか?それは、株価に影響を与えるのは業績だけではないからです。株価は、より大きな市場環境の変化や、海外市場の動向、政治の影響など色々な要因で動きます。そのため、株価の動きにはあらゆる情報が織り込まれていると考え、株価の動きを表す株価チャートを判断の元にしているわけです。

結果として、株価チャートの形が崩れたら即座に資金を回収する『トレード』の方が暴落にも対応できるのです。

あなたも今後の激動の相場で暴落が起きても生き残り、成果を出すために、トレードの思考を持ってはいかがですか?

少なくとも、株をやっている、株をやりたいのであれば、『長期投資』と『トレード』の違いについては、しっかりと理解しておく必要があります。また、バブルを前提にするタイミングでは『トレード』の手法を勉強しておくのが得策です。

今後の激動する相場に備えたいあなたに・・・

『長期投資』と『トレード』の違いをきちんと理解し、『トレード』への理解を深めて、これからのチャンスに備えたい人にぴったりの一冊があります。

それが、TSUTAYA書店や、アマゾンなどでベストセラーランキング1位にもなり、現在では、シリーズ累計で25万部以上も売れている、「株の学校」です。

トレーダー向けの良書は海外の著者のものが多いですが、「株の学校」の著者は日本人の窪田剛氏。そのため、日本人にも実践的で分かりやすい内容となっています。

窪田氏が株式投資を始めたのは20歳から、手元の資金はわずか30万円からのスタートでした。現役トレーダーであり、株式トレードの講師としても15年以上活躍をされています。

その的確な相場分析から、相場が大きく動いた際には、日経CNBCやフジテレビ「情報プレゼンター とくダネ!」、「めざましテレビ」、にも取材されており講師としても実績のある人物です。

株の学校ドットコム講師 窪田剛のプロフィール
株フェアでの講演時の写真
寄付したネパールの学校の子供達と
【紹介されたメディア】フジテレビ「情報プレゼンター とくダネ!」 /フジテレビ 「めざましテレビ」/ダイヤモンド ZAi /en SPA !/日経CNBC
【経歴】20歳の時からバイトで貯めた30万円を元手に株をスタート。 24歳で独立し、トレード及び不動産投資、飲食店、スタートアップ企業などへの投資を国内外で始める。28歳のときにネパールに学校を寄付。株式トレードの講師としても15年以上活躍し、現在もトレードと並行して多角的な投資活動を続けている。

実は、世の中に出回っている株本の多くで、『長期投資』と『トレード』の違いについて、きちんと説明しているものは、ほとんどありません。むしろ、混乱させるような情報も少なくないのが実際のところです。この違いを知らないことで、多額の損失を出してしまう人が残念ながら後を絶ちません。

窪田氏の著書「株の学校」がシリーズ25万部を突破し、なお売れ続けているは、世間では語られない株の本質を知ることができ、読者の多くが困っている友人にも薦めているからでしょう。

たとえば、この本の中には、世間に出回っている株情報で、あなたが誤解させられているであろう、こんな内容が書かれています。

株選びは「投資」と「トレード」で違う
3勝7敗でも利益が残る

もちろん、お見せした内容は、ほんの一部にすぎませんが、この本に書かれたことを読むだけで、株に関する多くの誤解が解けるはずです。そして、この本に書かれたことを実践することで、まずは株の初心者や中級者が陥るミスをなくし、資金の守り方を身につけることもできるはず。

もちろん、努力もせずに、すぐにでも利益を出せますよ、といったうまい話ではありません。しかし、無駄な損失はすぐにでも少なくなるでしょう。

本を読むことで、まずは株に関する様々な誤解を解き、その後「相場の流れを読む方法」「銘柄選び」「買うタイミング」「売るタイミング」「一度にいくら買えば良いのか」といった、株取引に重要な一連の流れもスムーズに理解できるような構成になっています。

しかも、株の技術は一度身につけたら一生涯使える技術です。株取引はインターネットが使えれば、全国どこからでもできて、定年退職もありません。まさに、今の時代に最適な最先端の仕事の一つと言えるでしょう。

特別な映像特典がついています

購入後、書籍に付いているCD-ROMからご登録いただくことで、以下の特別な映像もご覧いただけます。

【付録】100年先も変わらない株の原則で
今までより安全に株で成功する方法
(4つの動画で1時間45分)
スマートフォン・タブレット・パソコンで視聴可能

書籍の文章やイラストでは伝えきれないポイントを著者自身が動画で解説しました。この映像をみながら株に取り組めば、安全に利益を伸ばすことが出来ます。

動画1.損をしない「守る」技術 動画2.利益を伸ばす「攻める」技術 動画3.チャンスをつかむ「見極める」技術 動画4.チャートを読み解く「実践」の技
この本に書かれた内容を実践した人はこんな風に言っています
3勝7敗でも利益が残るのはビックリでした!

「株の勉強はしたことなかったので、シロウト考えで負けていました。しかし、7割負けても3割勝てば利益を得ることができることをこの1ヶ月位でも十分理解できました!」/ 田中さん 52歳 大阪男性

今はすべて私の宝物のように感じてます

「私の手にした本でこれほど解りやすい本も、話もありませんでした。何も解ってなかった事に気づかせていただき、この年まで何を勉強していたのか恥ずかしい限りです。今まで読んだ本では、結局どうすればいいのかわからない、そんな本ばかりでした。株の学校の本、先生の話、今はすべて私の宝物のように感じてます。」/ 坂下さん 76歳 男性

今までの間違いに初めて気づきました

「窪田先生の株本は、かなり解り易く要領よく書いておられて感謝いたしております。今までの間違いに初めて気づくことができました。やっていたことが本に載っている悪い例ばかりで、結果が出なくて当然だったと納得です。これを機会に、なんとしてでも少しずつでも、挽回していきます。」/ 大塚さん 68歳 京都女性

いかがですか? あなたも、この本を読んでみたくなったのではないでしょうか。

では、この本はどうすれば手に入るのか?

当然、この本はアマゾンなどのネット通販でも買えますし、書店でも買えます。

つまり、どこでも手に入るわけですが、今ご覧になっている、このページで買ってくれたあなたには、公式サイト限定の特別な特典をお付けしています。

もちろん、アマゾンで買っても、書店で買っても、このページで買っても料金は変わりませんが、このページから買った場合に限り、通常の本にプラスして、こんな特典を無料で手に入れることが可能ということです。

このページから買った場合に限り、
次の3つの限定特典が無料でもらえます
特典1 資金が少ない場合の銘柄の選び方(27分のMP3音声)

こちらでは、大学生のときに、元手30万円からコツコツと株をスタートした著者だから語れる、少ない資金を増やしていく考え方を紹介しています。この中で語られているのは…

  • あなたの「間違った常識」が利益を妨げている真実
  • 有名な良い会社を買うと、儲かることが少ないのはなぜ?
  • 少ない資金を増やすための「良い銘柄」の選び方は?
特典2 電子書籍「株式トレード8つの誤解」(PDFレポート76ページ)
95%の人が大損する原因「8つの間違い」を回避せよ

この中で解説される8つの誤解とは・・・

  1. 投資とトレードが同じだと思っている
  2. 銘柄が良ければ儲けられると思っている
    → 業績が良い銘柄を買えば損しないと思うのは間違いです。有名な企業でも破産する時代にどうすれば良いかを知っておいてください。
  3. 勝率99%の売買手法なら負けないと思っている
    → あなたが勝率を一番気にしているなら、すぐに損が大きくなります。なぜならば・・・
  4. レバレッジをかければすぐに儲かると思っている
  5. システムトレードなら、億万長者になれると思っている
  6. プロトレーダーは株価の予想が上手いと思っている
    → 実は株価の先はプロでも見えません。それでも利益を出すのが本物なのですが知っていますか?
  7. 必ず儲かるテクニカル指標があると思っている
  8. アナリストの推奨銘柄を買うのが安全と思っている
    → アナリストは自分で株をしていません。この実態を知ってください。
特典3 自宅でいつでも学べる【無料メール講座】
本には書けなかった、よりハイレベルな実践講座
(注:このメールはいつでも簡単に解除ができます)

このメールでは、本には書けなかった話や、よりハイレベルな内容について解説をお届けしていきます。例えばこんな内容が届きます。

間違った考えに振り回されて損ばかりを増やしてしまうのは、
今日で終わりにしませんか?

一つのヒントから大きく変わることが出来た、という人は多いもの。 こちらから手に入れて、すぐにでも実践出来る所から活用してくださいね。 それでは、詳細を本の中でご確認ください。ありがとうございました。

◆配送について
ご注文の商品は、ヤマト運輸にて配送いたします。日付時間指定をしたい場合は、入力フォームから選ぶことができます。購入日から5営業日以降で選ぶことが出来ます。日付指定をしない場合は、発注より随時配送となります。

◆手数料について
クレジットカード手数料、代引き手数料は無料となります。銀行振込をご利用の際の振込手数料はご負担ください。



例)1810001 半角で入力してください

※30文字まで

※30文字まで

例)03-1234-5678 半角で入力してください

例)info@tpromote.com

※銀行振込の場合、入金日によっては配達希望日に間に合わない場合があります